神輿連合会の新年会

2017年2月13日

神輿連合会の新年会(乾杯)

岩手の祭りも楽しいですよ♪

半纏(法被)、浴衣、手拭、鯉口シャツ、股引などの祭衣装、和服のオーダーメイド、
伝統芸能の衣装オリジナル製作、修理を通じ、日本の祭りを支える染物屋でありたい…
京屋染物店の蜂谷悠介です。

岩手県一関市で30年以上前に発足した神輿連合会の新年会に参加してきました。
祭りの時期になると、皆さん半纏を粋に着こなし神輿を担いでいる方々です。
大変盛り上がった新年会の様子をお伝えします。

夏祭り神輿渡御を盛り上げる

2月に入り、一関神輿連合会でも新年会が開催されました。
一関神輿連合会は一関市内の神輿會や同好会など10団体で組織する会です。
毎年8月第一日曜日に開催される一関大神輿祭で神輿6基の渡御を行っています。

半纏と神輿

この写真は去年の夏祭りの様子です。京屋染物店がある錦町水天宮通りには、磐井川水天宮へ奉納する幟が立ち並び、その中を6基の神輿が渡御します。
神輿連合会の運営は、事務局と各会の会長が集まる会長会で行っています。
事務局へは各団体から若手が2名ずつ出向し、月1回程度、夏祭りに向けた会議や準備の為に集まっています。
新年会では、宴会に先立ち、昨年の事業報告があり、今年の夏祭りに向けての引き継ぎが行われました。

神輿は和をもって担ぐ

神輿は、周りに感謝し人や神様との和を感じながら担ぐもの。
だからこそ、普段からのコミュニケーションも怠らない。
新年会に集まったのは、関龍會、一嬉會、鳳隆睦、川嶋印刷神輿会、ゴジラ会、一関睦、祭好会、磐井川水天宮奉賛會のみなさん。予定が合わず参加出来なかった会の皆さんもありましたが、今年の新年会も神輿談義に花が咲き、笑い溢れる素敵な時間になりました。

IMG_1771

みなさま、今年も宜しくお願い致します!

Other Contents

京屋に関する情報や関連コンテンツのご紹介

今日の京屋から(Instagram)

デザイン制作、染色、縫製、仕上げ作業と、京屋の日常や技などを写真にてご紹介。

kyoya's Channel

お客様のインタビューや工場の様子など、様々な角度から京屋を動画にまとめたチャンネル。

染物体験教室

どんなふうに染物が出来るのか、自分の手で体験出来ます。出張やイベントも。

染めを追い続けて

蜂谷代表取締役の「染めへの想いやこだわり」をインタビュー。代々から続く想いがあります。

京屋のこだわり

アトリエで、染め工場で、縫製工房で。ひとつひとつにこだわってモノづくり。

 

受賞歴一覧

京屋が今まで受賞した商品をご紹介します。