藍染め体験と工場見学

2017年3月18日

藍染め職人

一つ一つ丁寧に。手作りだからこそできる細やかさがあります。

半纏(法被)、浴衣、手拭、鯉口シャツ、股引などの祭衣装、和服のオーダーメイド、
伝統芸能の衣装オリジナル製作、修理を通じ、日本の祭りを支える染物屋でありたい…
京屋染物店の蜂谷悠介です。

京屋染物店では、いつでも工場見学ができます。
そして、工場のスケジュールに合わせて事前にご予約頂ければ、染物の体験もできます。

この日は、いちのせきニューツーリズム協議会さんのご紹介で、福島県の白河市大信地域交流促進協議会の皆様が来関。
京屋染物店で手拭の藍染めを体験して頂きました。

藍染め

染物の魅力と職人の技術の高さを実感

京屋染物店では、お客様のこだわりやご要望を実現するため、デザイナー染め職人縫製職人が日々腕を磨いています。
半纏のオーダーメイド浴衣のオーダーメイド手拭のオーダーメイド暖簾のオーダーメイドなど、京屋染物店では様々な商品のオリジナル製作を承っています。
染物体験教室では、職人が日々行っている製作行程の一部だけですが、楽しんで取り組んで頂ける内容になっています。

今回、皆様には絞り染めを体験して頂きました。手拭を糸で絞ったり、板締めしたりすることで、柄を染める方法です。
はじめて取り組まれる方々は、染めた後にどんな仕上がりになるのか想像しづらいので、不安そうな表情で作業を進めていますが、
染め上がった手拭を見た瞬間から一気に表情が明るくなり、それぞれの柄について会話が弾みます。

手拭の藍染め体験

そして、皆さんが口々に言われるのは、
「染物って、自分たちの勝手気ままに染める分には面白いけど、お客様が望んだ通りに染めるのは、相当な技術がいるよね

とても良い経験ができたと言われると、私たちもとても感動します。
京屋染物店の職人は、お客様のご希望を叶えたい一心でモノづくりに向き合います
だからこそ、より高い技術を習得したいと望み職人達は努力を重ねています。
そして、その先にお客様の笑顔と感動があることが職人達のモチベーションになっているのです。

藍染め体験

日本の祭りを支える世界一の染物屋になりたい。

夢に向かう私たちの原動力は、お客様の笑顔と感動のメッセージです。

Other Contents

京屋に関する情報や関連コンテンツのご紹介

今日の京屋から(Instagram)

デザイン制作、染色、縫製、仕上げ作業と、京屋の日常や技などを写真にてご紹介。

kyoya's Channel

お客様のインタビューや工場の様子など、様々な角度から京屋を動画にまとめたチャンネル。

染物体験教室

どんなふうに染物が出来るのか、自分の手で体験出来ます。出張やイベントも。

染めを追い続けて

蜂谷代表取締役の「染めへの想いやこだわり」をインタビュー。代々から続く想いがあります。

京屋のこだわり

アトリエで、染め工場で、縫製工房で。ひとつひとつにこだわってモノづくり。

 

受賞歴一覧

京屋が今まで受賞した商品をご紹介します。