お客様に届くまでのバトンリレー

2017年9月1日

京屋染物店は自社で一貫した生産ラインで、

オリジナルの商品を作っています。

デザイン、染め、縫製と来て、最後の作業が「仕上げ」になります。

 

染物、仕上げ、手拭い

 

どんなに良い商品を作っていても、

お客様に届く前の最後の工程である仕上げが疎かになると

商品の良さが半減してしまいます。

 

京屋染物店では、最後の仕上げの部分にもこだわりがあります。

 

たたみ方へのこだわり(手拭い)

 

手拭いのたたみ方にもこだわりがあります。

 

オリジナル 手ぬぐい 

 

お客様のこだわり溢れるデザインが

届いた瞬間に一目で現れるように

たたみ方も工夫しています。

 

まずはデザインのポイントとなる部分を決め、

その部分がたたみ終えた時に、一目で分かるようなたたみ方を考えます。

 

仕上げ 手拭い たたみ方

 

オリジナルの柄は1つとして同じたたみ方はありません。

 

オリジナル 手ぬぐい

手ぬぐいの模様の一番特徴的な部分(鼻と口の模様)に注目します。

 

手拭い たたみ オリジナル

手拭い オリジナル たたみ

特徴部分が一番前にくるように、たたみ方を工夫します。

手拭い オリジナル たたみ 

手拭い オリジナル たたみ

 

こうして畳んでいく作業の中で、

糸のほつれ、糸くず、シミ、汚れなどがないか

1枚1枚チェックしていきます。

 

手拭い オリジナル 糸くず

 

手拭い オリジナル たたみ手拭い オリジナル たたみ

手拭い オリジナル たたみ

オリジナル 手ぬぐい たたみ

手ぬぐい オリジナル たたみ

手ぬぐい オリジナル 

完成です!!

 

オリジナル 手ぬぐい たたみ 失敗例

たたみ方を変えると全く印象が変わります。

 

アンカーは配達屋さん

 

何十、何百もの手ぬぐいを1枚1枚丁寧にたたんで仕上げたものに

熨斗(のし)を入れて包装し、お客様のもとへ送られていきます。

 

オリジナル シール

 

仕上げが最後と書きましたが、

実際にはその後に配達がございます。

配達は配達業者さんにお願いしておりますが、

段ボールにはこのようなステッカーを貼り、

最後の最後まで全員リレーで商品をお客さまのところに

お届けできるように心掛けております。

線

 

染物 京屋 一関

文:櫻井 陽

一関地域を盛り上げる活動をしています。
京屋染物店に潜入取材し、『京屋染物店のありのまま』を皆さんにお伝えてしていきます。

Other Contents

京屋に関する情報や関連コンテンツのご紹介

今日の京屋から(Instagram)

デザイン制作、染色、縫製、仕上げ作業と、京屋の日常や技などを写真にてご紹介。

kyoya's Channel

お客様のインタビューや工場の様子など、様々な角度から京屋を動画にまとめたチャンネル。

染物体験教室

どんなふうに染物が出来るのか、自分の手で体験出来ます。出張やイベントも。

染めを追い続けて

蜂谷代表取締役の「染めへの想いやこだわり」をインタビュー。代々から続く想いがあります。

京屋のこだわり

アトリエで、染め工場で、縫製工房で。ひとつひとつにこだわってモノづくり。

 

受賞歴一覧

京屋が今まで受賞した商品をご紹介します。