半纏(はんてん)のデザインが出来上がるまで

2017年8月3日

京屋染物店では、半纏(はんてん)、法被、浴衣、手ぬぐいなどの作成を

デザインから染め、縫製まで一貫して自社で行っています。

今回はその1つ「デザイン」がどのように出来上がっていくのかについて

京屋染物店のスパイの櫻井がお伝えしていきたいと思います。

 

デザインが出来上がるまで

 

お客様から半纏(はんてん)の注文を受け、

その半纏(はんてん)のデザインがどのように出来上がっていくのか

京屋染物店のデザイナーの蜂谷淳平さんにお聞きしました。

 

半纏(はんてん)、法被、デザイン、オリジナル

 

お客様から半纏(はんてん)の注文を受けた淳平さん。

まずは、お客様と大よその半纏のデザインイメージを共有するため

京屋染物店のHPの製作事例などの中から

お客様に希望のイメージのデザインを選んで頂きました。

 

半纏、製作事例

 

そのイメージをお客様の希望に合わせ、

第1案として大紋の部分(背中の大柄な模様)を江戸文字にし、

腰柄を変えた2通りの半纏のデザインを提案します。

 

半纏(はんてん)、法被、デザイン、オリジナル、大紋、腰柄

 

半纏(はんてん)、法被、デザイン、オリジナル、腰柄

 

大紋のデザイン、迫力のある文字にするために

今度は「大紋の部分をもう少し激しくしてほしい」との

ご要望を頂き、デザインの修正をしていきます。

 

文字に激しさを出すために

ひげ文字の本を手に取り

デザインの基となるフォントを探します。

 

半纏、デザイン、参考図書、ひげ文字

半纏(はんてん)、デザイン、参考図書、ひげ文字

ひげ文字の本。こんな本があることにビックリです( ゚Д゚)

 

このひげ文字の本を参考に

オリジナルの手書きのラフ案を作成。

手書きで作ることに驚きましたが、

「今の時代でもラフ案は手書きだよ」と淳平さん。

 

半纏(はんてん)、法被、デザイン、手書き、ラフ案

左が手書きのラフ案

 

これをデザインソフトでトレースして

一筆一筆の筆の動きに違和感がないように

確認していきます。

 

文字の虫食いが大門の躍動感を出す

 

文字に躍動感を出すには、筆で書いたように

「擦れ(かすれ)」が出てくるもの。

「虫食い」と呼ばれる穴を文字に入れ込んでいきます。

 

「虫食いがないと迫力が出ないし、

虫食いが多すぎると文字の形が整わない。

ちょうどいいラインを見つけるのが難しい。」と

淳平さんの試行錯誤の様子が見えてきます。

 

半纏(はんてん)、法被、大紋、デザイン、虫食い

虫食い部分

半纏(はんてん)、法被、デザイン、虫食い

虫食いがあると文字に迫力が出てきます。

 

おおよそ丸1日かかり

半纏(はんてん)の大門のデザインが決まりました。

 

お客様の想いを上回るデザインのご提案をしたい

 

再度お客様にデザインを提案してところ

両衿(えり)を「花四会太鼓組」にしてほしいとのお話を受けました。

今度は、衿(えり)のデザイン修正に入ります。

 

単純に「花四会太鼓組」を両衿に入れるだけですと

下記のデザインになりますが

半纏(はんてん)、法被、デザイン、衿

両衿に「花四会太鼓組」を入れる

 

両衿に文字を入れる型も複数あるので

もう2つのパターンを一緒に提案し、

お客様にご希望のデザインを選んで頂きました。

半纏(はんてん)、法被、デザイン、衿

「花四会」と「太鼓組」を分けて両衿に入れる

 

半纏(はんてん)、法被、デザイン、衿

「花四会太鼓組」と半纏の持ち主の「名前」を入れる

 

なぜお客様のご要望以上のバリエーションで提案するのか?

 

そこには

「お客様の想いを上回るデザインのご提案をしたい」

という京屋染物店の想いがあります。

 

イメージと違うデザインを

お客様から「腰柄も入れてみたものも見てみたい」とのご相談を受け、

花四会太鼓組の半纏(はんてん)ということで

太鼓のバチを組み合わせた腰柄をご提案。

 

半纏(はんてん)、法被、デザイン、腰柄

 

「少し派手な印象を受ける」というお客様からの感想を頂き、腰柄を再度修正。

花四会の「四」に合わせた4本線のラインのデザインに変更しました。

半纏(はんてん)、法被、デザイン、腰柄

遂にお客様が納得いく半纏(はんてん)のデザインのご提案ができました。

 

おそらく最初にお客様がイメージしたものと

ある意味で全く違うデザインが出来上がったような気がします。

半纏(はんてん)、法被、デザイン、オリジナル

当初デザイン

 

半纏(はんてん)、法被、デザイン、完成

最終デザイン

 

今回出来上がった半纏のデザインは

お客様の半纏への想い

京屋染物店のデザインにかける想いが詰まったまま、

次は「染め」の工程に移っていきます。

線

 

染物 京屋 一関

文:櫻井 陽

一関地域を盛り上げる活動をしています。
京屋染物店に潜入取材し、『京屋染物店のありのまま』を皆さんにお伝えてしていきます。

 

Other Contents

京屋に関する情報や関連コンテンツのご紹介

今日の京屋から(Instagram)

デザイン制作、染色、縫製、仕上げ作業と、京屋の日常や技などを写真にてご紹介。

kyoya's Channel

お客様のインタビューや工場の様子など、様々な角度から京屋を動画にまとめたチャンネル。

染物体験教室

どんなふうに染物が出来るのか、自分の手で体験出来ます。出張やイベントも。

染めを追い続けて

蜂谷代表取締役の「染めへの想いやこだわり」をインタビュー。代々から続く想いがあります。

京屋のこだわり

アトリエで、染め工場で、縫製工房で。ひとつひとつにこだわってモノづくり。

 

受賞歴一覧

京屋が今まで受賞した商品をご紹介します。