営業時間:9:30〜18:00(土日祝定休)

半纏と法被の違い

半纏(はんてん)と法被(はっぴ)。

似ているような気がするけど、どう違うのかイマイチわからない…

「半纏」と「法被」の二つの言葉を聞いて一度は思ったことがあるのではないでしょうか。

今回は違いがハッキリしない半纏と法被の違いについて、ご紹介します。

半纏 法被 背縫い

法被(はっぴ)とは

法被は江戸時代の武家社会で生まれました。武士が家紋を大きく染め抜いた羽織を着用したことが法被の始まりのようです。当時は衿(えり)を返して着用していたようですが、江戸時代の末期になり、庶民に広がると衿を返さないで着るようになったそうです。

形は、胸紐つきの単(ひとえ)で、筒袖または広袖の単純な形をしているのが特徴です。

「法被」の名前の由来は、束帯(そくたい)を着る際に袍(ほう)の下に着用した袖のない胴衣「半臂(はんぴ)」にあります。

 

半纏(はんてん)とは

お祭りで着るイメージがある「半纏」ですが、実は江戸時代では庶民の間で着用されるようになった防寒着のことでした。

形は羽織に近く、袷(あわせ、表地と裏地の二重)があるのが特徴です。

半纏 法被 違い 意味 由来 防寒着 綿入れ半纏

よく知られる綿入れ半纏は、袷の間に綿を入れたものになります。

「半纏」の名前は、袖の丈が半分程しかないことから「半丁(はんてん)」と名づけらたことに由来します。この「半」に「纏う(まとう)」の字を足して、「半纏」と書かれるようになったようです。

 

半纏と法被の混同

「法被」は衿を返して着る羽織り、「半纏」は防寒着を示していましたが、江戸時代に出された羽織禁止令がきっかけで、混同されるようになります。羽織禁止令が出たため、庶民は衿を返す羽織や法被の代わりに、「衿を返さないで着用する法被」を着るようになりました。それは「印半纏」とも呼ばれ、江戸の人々の生活に根付いていきました。

印半纏は、襟から胸元にかけて文字を入れることで、着用している者の所属や名、意思を表したりすることができます。

半纏 法被 違い 由来 名前

そのため、職人や商家の使用人が日常的に着るもの、町の火消が着るもの、祭礼に着るものとして、様々な場面で着られてきました。

その印半纏が、現代のショッピンモールでセールスマンが着ている「法被」であり、お祭りで着る「半纏」であり、一般的に連想される半纏・法被になります。

 

この記事を書いたのは

京屋染物店

岩手県南の城下町、一関で100年続く染物屋です。
「半纏・法被(はんてん・はっぴ)」「浴衣」などのお祭り用品や、「手ぬぐい」などの日用品をオーダーメイドで製作しております。
無料にてお見積りも承っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

その他のページも見る

―安心・安全な商品を作っています。―

京屋染物店の工場は、染色プロセスにおいて、世界的な繊維製品の安全証明「エコテックス®スタンダード100」のベビー用品にも使用できる最も厳しい「製品クラスⅠ」の認証を取得しています。