営業時間:9:30〜18:00(土日祝定休)

半纏•法被の帯の結び方(貝の口)

貝の口(かいのくち)は、オーソドックスで簡単な半纏(はんてん)•法被(はっぴ)の帯の結び方です。

結び目が二枚貝に似ている事から、『貝の口(かいのくち)』と呼ばれるようになったと言われています。

貝の口の利用例

旅館に宿泊し、浴衣を着用する際にも応用できる汎用性の高い帯の結び方です。是非覚えておきましょう。

貝の口の結び方

半纏•法被の帯結び方(貝の口)

1.帯の巻き始め部分『手先』を半分に折る。

帯の巻き始め先端を『手先(てさき)』と呼びます。まずは帯の先端を半分に折りましょう。

 

半纏•法被の帯結び方(貝の口)

2.『手先』を左手で持ち、骨盤の上に巻いて行く。

半分に折った手先(帯の先端部分)を左手で持ち、骨盤の上に乗せるように巻いていきます。

 

半纏•法被の帯結び方(貝の口)

3.帯を一周巻き終わる時には、『手先』は帯の上に逃がす。

帯を一周巻き終わった時に『手先』を帯の上に逃がしましょう。帯は巻く毎に”強く”締めて行きましょう。

 

半纏•法被の帯結び方(貝の口)

4.帯を三周ほど巻いたら、余った帯を内側に折り返す。

帯を三周ほど巻き終えたら、余った帯を内側に折り返しましょう。この帯の巻き終わり部分を『垂れ(たれ)』と呼びます。

 

半纏•法被の帯結び方(貝の口)

5.帯の折り返し部分をキレイに重ね、長さを調整する。

帯の折り返し部分はキレイに重ねるのがコツです。帯の長さは何度も練習し、自分に合った帯の長さを掴みましょう。

 

半纏•法被の帯結び方(貝の口)

6.『垂れ』を『手先の内側』を通すように結ぶ。

帯の巻き終わり部分(垂れ)を、帯の巻き始めの先端(手先)に通すように結びます。

 

半纏•法被の帯結び方(貝の口)

7.帯をしっかりと絞める。

帯の巻き終わり部分を右手で持ち、巻き始め部分を左手でしっかりと締めます。

 

半纏•法被の帯結び方(貝の口)

8.写真の用に『垂れ』を内側に折り返す。

写真のように、帯の巻き終わり部分(垂れ)を帯の内側に折り返します。

 

半纏•法被の帯結び方(貝の口)

9.折り返した中に『手先』を通す。

『垂れ』を折り返したら、『手先』をその中に通します。

 

半纏•法被の帯結び方(貝の口)

10.帯の形を整える。

いよいよ終盤です。両手を使い帯の形を整えましょう。『手先』と『垂れ』の長さが4〜5㎝になるのが理想です。

 

半纏•法被の帯結び方(貝の口)

11.時計回りに帯を回し、結び目を体の後ろへ持ってくる。

帯の形を整えたら、帯を時計回りに回し、帯の結び目を背中へ持ってきます。

 

半纏•法被の帯結び方(貝の口)

12.帯の結び目は真後ろではなく、少しズラすのが粋。

帯の結び目は真後ろではなく、『少しズラす』のが粋です。

 

 

 

貝の口に最適な帯は角帯(かくおび)

角帯

貝の口に最適な帯は角帯(かくおび)です。

角帯(かくおび)の色と柄は、半纏(はんてん)•法被(はっぴ)の色と柄を考え、粋にコーディネートして下さい。

角帯(かくおび)についてはこちらをクリック角帯(かくおび)とは

この記事を書いたのは

京屋染物店

岩手県南の城下町、一関で100年続く染物屋です。
「半纏・法被(はんてん・はっぴ)」「浴衣」などのお祭り用品や、「手ぬぐい」などの日用品をオーダーメイドで製作しております。
無料にてお見積りも承っておりますので、ぜひお気軽にご相談ください。

その他のページも見る

―安心・安全な商品を作っています。―

京屋染物店の工場は、染色プロセスにおいて、世界的な繊維製品の安全証明「エコテックス®スタンダード100」のベビー用品にも使用できる最も厳しい「製品クラスⅠ」の認証を取得しています。