営業時間:[平日] 9:00〜19:00 / [土日祝] 10:00〜17:00

【被布コート】達谷窟毘沙門堂鬼儺會講様

お客様の製作背景

岩手県平泉町で毎年1月2日〜3日にかけ、達谷窟毘沙門堂(たっこくのいわやびしゃもんどう※)にて開催される「達谷窟毘沙門堂鬼儺會(おにばらえ)の裸参り」。明治初期の修験道廃止で途絶えていたものを数年前に復活させたもので、「護摩餅」というお餅を目指して男たちが争う、裸参りの行事です。

その行事を主催する達谷窟毘沙門堂鬼儺會講様から、今回の半纏のご依頼を承りました。

※征夷大将軍・坂上田村麿公によって創建された御堂です。京都の清水寺をまねた懸崖造りで、窟堂(いわやどう)としては日本一の規模を誇ります。

 

お客様の御要望

達谷窟毘沙門堂鬼儺會講の会員全員で、同じ半纏を着て絆を纏いたいというお話を頂き、神事は1月2日に行われるため、寒さにも強く、半纏のように纏うことができる「被布コート」をお勧めさせて頂きました。

被布コート 半纏・法被 オーダーメイド製作 祭

 

デザインのこだわり

被布コート 半纏・法被 オーダーメイド製作 祭

衿には古くから厄よけ意味を持つ「梵字」を入れています。

 

被布コート 半纏・法被 オーダーメイド製作 祭

大紋の文字は、達谷窟毘沙門堂西光寺の和尚さんに書いて頂いた「筆文字」を使用。

 

被布コート 半纏・法被 オーダーメイド製作 祭

また、腰柄は龍をあしらったデザインになっています。

 

 

生地のこだわり

丈夫で暖かく高級感の出る『十番刺子』の生地で製作しております。

 

 

染めのこだわり

刺子生地がしっかり染まり、龍や筆文字などの柄の際がハッキリと分かるように染料を調整して染上げています。また、3色をそれぞれの版で染める際に、ズレがないように、特に、白抜きに黒地の大紋部分はかなり慎重に染めています。

被布コート 半纏・法被 オーダーメイド製作 祭

 

仕立てのこだわり

京屋染物店では、半纏と同様に被布コートにも背縫いを入れています。

その背縫いの意味は背中に背負う大紋の重みを感じ、背中に一本筋を通し振る舞う心構えや責任、半纏を纏う誇りの現れです。

 

ボタン掛けの所を二重にして、ボタンが見えないようにする比翼仕立てを行っています。

被布コート 半纏・法被 オーダーメイド製作 祭

 

もともと半纏を作る御予定だったことから、衿字の部分に縫い目を付けて、半纏を纏うように見える衿字にしております。

被布コート 半纏・法被 オーダーメイド製作 祭

 

裏地には生地と生地の接ぎ目に入れる「キセ」をかけることで、伸縮性をあげています。

被布コート 半纏・法被 オーダーメイド製作 祭

 

袖付けの脇の部分をR(アール)仕立てにすることで、肩幅を広くみせるように製作しています。

被布コート 半纏・法被 オーダーメイド製作 祭

 

また、行事の際に小物を収納できるように、ポケットと内ポケットをつけています。

被布コート 半纏・法被 オーダーメイド製作 祭

 

被布コート 半纏・法被 オーダーメイド製作 祭

半纏・法被オーダーメイド詳細

◼︎デザイン:京屋染物店でデザイン製作

◼︎染め:本染め3色[からし色・赤・黒]

◼︎生地:十番刺子(裏地はポリエステル)

◼︎仕立て:ミシン本仕立て

安心・安全な商品を作っています。

京屋染物店の工場は、染色プロセスにおいて、世界的な繊維製品の安全証明「エコテックス®スタンダード100」のベビー用品にも使用できる最も厳しい「製品クラスⅠ」の認証を取得しています。

その他のページも見る

―安心・安全な商品を作っています。―

京屋染物店の工場は、染色プロセスにおいて、世界的な繊維製品の安全証明「エコテックス®スタンダード100」のベビー用品にも使用できる最も厳しい「製品クラスⅠ」の認証を取得しています。