161京屋の色のおはなし【臙脂色】

2018年9月14日

「浅葱色」「茜色」「褐色」「小豆色」、日本には色々な「色」が溢れています。

それは日本人が古くから、四季の移ろいを空や植物、食べ物から感じ取り、自然と共に生きてきたことに由来します。

今ではあまり使われることがなくなってしまった色の呼び名。

その呼び名には色々な由来があります。

このブログでは、その色の由来についてご紹介していきます。

臙脂色(えんじいろ)

臙脂色 手拭い 家守 オリジナル

臙脂色は、少し黒く深みのある艶やかな紅色のことです。臙脂の「脂」は古代中国の化粧紅のことで、その化粧紅が古代中国の国家「燕」のものが広く普及したことから、臙脂色を呼ばれるようになったと言われています。

臙脂色 伝統色 口紅

日本では梅干しが臙脂色の食べ物として知られており、また、臙脂色は早稲田大学のスクールカラーとしても高校野球などで親しみのある色になっています。

 

臙脂色の手拭い

臙脂色 手拭い 家守 オリジナル