あづま袋の名前の由来2019.04.18

あづま袋の名前の由来

あづま袋はご存知の方も多いと思います。

あづま袋はこういった2枚の布を縫い合わせるだけでできる「袋」のことを言います。

手ぬぐい 手拭い てぬぐい あづま袋 吾妻袋 名前 由来

最近は持ち運びが便利で、エコバックなどにも使われるあづま袋。

その名前には由来があります。

「あづま」は吾妻とも書きます。

「あづま」は江戸時代で、京都から見た「江戸」のことをさします。

風呂敷文化と言われるように昔から包む文化のあった日本。

そこに西洋の文化が浸透しつつあり、西洋の鞄(かばん)を真似しようとした庶民が、風呂敷や手ぬぐいを縫い合わせて、鞄代わりにしたのが、始まりのようです。

こうして、江戸の昔から庶民の知恵でもって作られたから「あづま袋」と言うようになりました。

手ぬぐい 手拭い てぬぐい あづま袋 吾妻袋 名前 由来

庶民の知恵が詰まったあづま袋は、今でもちょっとした買い物や、お弁当入れ、旅行の時など様々な場面で活躍します。

ぜひ皆さまも使ってみてください。