京屋染物店の手拭い生地について2018.05.11

手拭いの生地について

手拭い(てぬぐい)の生地は大きく分けて、「文」生地と「岡」生地の2つの生地があります。

「文」生地

文(ぶん)生地は「総理」とも呼ばれ、太めの糸で編まれており、目が粗い生地です。比較的安価で、通気性や吸水性に優れます。剣道の面手拭いや踊り、台所での布巾や掃除などで使うのには良いと言われています。

「岡」生地

岡(おか)生地は、細めの糸で編まれており、目が細かい生地です。目が細かいため、肌触りが良く、風合いが柔らかい特徴があります。また、目が細かいため、染料で染めた際にも細かい部分まで染まり、デザインにこだわった手拭いを作れますが、「文」生地に比ベ、高価な生地になります。「岡」よりも良い生地は「特岡」と呼ばれ、浴衣などの生地に良く使われています。

京屋染物店の手拭いは、基本的にこの「特岡」の生地を使っています。

特岡 生地 浴衣 手拭い てぬぐい

 

京屋染物店の手拭いはなぜ特岡の生地を使っているのか?

京屋染物店では、お客様に手拭いの生地は「特岡」をオススメしております。肌触りが良い、染めた時の柄の出方がくっきりするなどの理由はありますが、お客様にベストな提案をしたいというのが一番の想いです。

価格で妥協をして安価な生地を使うよりも、より良い物、より良い手拭いをお客様に届けたいと考えているからこそ、お客様に「特岡」の生地の手拭いを提案させて頂いております。

もちろん、全て特岡の生地という訳ではなく、お客様の予算やご希望に応じて、別な生地のご提案もさせて頂いております。

まずは、お客様がご希望の手拭いをご相談ください!

手拭い てぬぐい オリジナル オーダーメイド 製作