感謝と決意

2018年6月27日

お客様に「京屋染物店にお願いして良かった」と感じてもらえるモノをお届けしたい。
そのためにお客様の想いに寄り添い続けます。
私たちとの出会いで、お客様の人生がさらに楽しく豊かになって頂けたら、これ程うれしいことはありません。

伝統芸能 衣装 神楽 手甲 製作 体験

半纏(法被)、浴衣、手拭、鯉口シャツ、股引などの祭衣装、和服のオーダーメイド、伝統芸能の衣装オリジナル製作、修理を通じ、日本の祭りを支える染物屋でありたい…
京屋染物店の蜂谷悠介です。

 

各地の神社やお寺を参拝させていただく理由

今年に入ってから、毎朝「神社」「お寺」に参拝させていただいています。
東北六県(青森、岩手、秋田、宮城、山形、福島)はもちろん、日本全国各地に行かせていただいた時も、その土地の神社やお寺に必ずご挨拶にいきます。

早朝の神社やお寺の空気が大好きです。自分自身の在り方を改めて見直せるいい時間を過ごせている気がします。
また、日本の文化や精神の根幹を少しでも感じることができるのも魅力です。

世界遺産平泉 毛越寺

 

朝早起きして、散歩(時々ジョギング)をしながら、今日一日のイメージを膨らませ、やるべきことにフォーカスしていく。
神社やお寺についたら、心静かに手を合わせ、頭を下げ、「今あることへの感謝」「成し遂げたことへの感謝」を伝える。そして、明確なビジョン、目標を伝え、自分自身に対し「目標達成への決意」を確かめる。

今まで私は手を合わせながら「人のお役に立てる人間になれているでしょうか? 研鑽を積み、様々な経験を重ね、人間として成長していきたいです。」と心の中で念じていました。
しかし、私の親友曰く「なれたらいいな」とか「こうなれるようにお願いします」では神様に思いが届かないというのです。神様に思いを届けるには「なりました」「達成しました。ありがとうございます」と言ったほうがいいらしいのです。まだ成し遂げていない願いだとしても、既に達成したかのように、心の中で「できました。ありがとうございます」と念じるのだそうです。

 

金沢 神社

自分の心に届く決意があるか

確かに成し遂げたいことは、「やる」と決めたほうがいいですよね。
神様に手を合わせ自分自身への決意表明を毎日しているのだと、最近は感じています。

「人のお役に立てる人間になりました」「縁ある方々を幸せにできる人になりました」

まだ、成し遂げてはいませんが、こんな言葉を常に自分の心に届くように伝えています。

なぜ自分は成し遂げたいのか。それは、仲間が好きで、地元が好きで、祭りが好きで、日本の文化が好きで。。。
好きな人たち、好きなことに貢献できる人、企業になりたいと本気で考え、凡事撤退に努めています。

誰かの幸せのためにベストを尽くせる人になれているだろうか?
ではなく、「なる!」と決意しています。