• TOP
  • > スタッフブログ
  • > 「LOCAL WEAR by Snow Peak」が「クールジャパン・マッチングアワード2019」で特別賞を受賞いたしました!

「LOCAL WEAR by Snow Peak」が「クールジャパン・マッチングアワード2019」で特別賞を受賞いたしました!

2020年3月10日

京屋染物店も携わらせて頂いた、株式会社スノーピーク様のプロジェクト、「LOCAL WEAR by Snow Peak」が「クールジャパン・マッチングアワード2019」(主催:内閣府知的財産戦略推進事務局)の特別賞を受賞という運びになりました。
「クールジャパン・マッチングアワード」は日本の魅力を深掘りし、分野や地域、海外との連携で、世界の「共感」を得た優良な取り組みを表彰するアワードです。
今回受賞した「LOCAL WEAR by Snow Peak」はプロジェクトごとに地方産地を限定し、その土地の風土や技法に特化したものづくりを活かした、その土地で働くひとのためのワークウエアです。
また近年の各地方産業での後継者不足に問題意識を向け、その地域に根付いたものづくりや文化を継承すべく、一般消費者へ向けてその地域での働き方を体験できる職業体験ツアーや、実際の生産工場への工場見学ツアーなどもご用意し、産地に根付いた生活様式や文化までを本質的に伝えていくプロジェクトです。
受賞の詳細は以下URLよりご覧ください。
“LOCAL WEAR IWATE”プロジェクトとして共に歩ませて頂いた私たち京屋染物店もこの度の受賞、とても嬉しいです。

 

 

 

LOCAL WEAR IWATE

 

 

京屋染物店 職人 染物

 

 

 

 

LOCAL WEAR IWATEでは時代を超えて伝わる祭に光を当て、モチーフにしたのは岩手各地に今も残る鹿踊りという伝統芸能。

 

『LOCAL WEAR IWATE』

 

鹿の角をつけた異形の頭と
様々な文様を染め抜いた衣装を身にまとい
太鼓を叩きながら大地を踏み鳴らす。
鹿の姿で舞うことで
人と獣の境界がなくなり魂が交流する。
激しく跳ね踊る姿は、荒々しくも、美しい。

鹿はシシと読む。
かつては山の獣の肉のことをシシと呼んだ名残である。
鹿踊りは肉をもたらしてくれる獣たちへの
感謝であり供養であり祈りだったのだ。

 

 

 

その土地の暮らしに根づき、絆を育んできた祭は、
言葉にできない祈りを未来へ伝える役目も果たしていた。
その祭を、その祈りを、絶やさないために。

 

local wear iwate  神輿

 

日本古来の「着る」をもう一度、「生きる」とつなげるために。
スノーピーク様と共にさせて頂いたLOCAL WEARの道のりは、この先も続いてゆきます。

 

 

新型肺炎ウィルスの感染拡大や、様々な情報が、時に奪い合いや和の乱れが生じる昨今。

 

私たちは地域、さらに世界を彩る”染物屋”として、ご愛顧頂いています皆様はもちろん、志を分かち合える協力会社の皆様、そして社会に更なる貢献ができますように、「和の追求」を胸に、これからも精進し続けます。

 

LOCAL WEAR IWATE LOCAL WEAR IWATE