みちくさ秋のシリーズ 新作☆

2019年11月29日

現在、気温もがくっと下がり紅葉や銀杏の葉も少し寂しそうに冷たいコンクリートの上をころころと転がる11月下旬。というかもうほぼ12月ですが”秋らしさ”を詰め込んだハンカチ、完成しました。季節感がやや滑り込み気味ですが、これぞみちくさ。自由気ままに製作していきます。

【しょくにんのみちくさ】

しょくにんのみちくさとは、職人がみちくさをするかのように業務とは別に、好きなようにそして自由に染め物の商品を製作するというコンセプトで職人が自ら立ち上げたブランドです。業務ではできないような自己満足に手の込んだ染め物や面白おかしい染め物の商品を不定期に製作し、不定期にリリースしています。業務外で職人がデザインから完成形までをイメージし製作しているので生産数が少なく、再販はありません。中には一点ものの商品もありちょっぴりレア?なブランド商品となっております。

今回は秋らしさを詰め込んだハンカチが完成しましたのでご紹介させていただきます・・・が。

お楽しみ!という事で完成品はあえて載せないので染色に使用した版や染料、商品コンセプトから完成品をイメージしてみて下さい!

品タイト籟の子守唄

爽籟(そうらい)とは秋風が物に当たって発する爽やかな響きの事。からりとした秋風の中、心地良さそうに揺れる愛らしい二つのゆりかご。秋の風は”色なき風”と呼ばれる事から、地の色はほんの少しだけ濁りを加えたごく薄い色味にし、乾いた秋の空気感を表現。250mm×250mmサイズの生地の上に目一杯の秋を詰め込みました。

版の数と色数が多く、なかなかに手と思いが込まれた作品となりました。

まだまだ秋を堪能したい方、京屋職人ファンの方、暖かくした店舗でお待ちしております。

※売れると職人Tの鼻が高くなります。

LOCAL WEAR IWATE LOCAL WEAR IWATE