161京屋の色の話【藤色】

2018年10月5日

「浅葱色」「茜色」「褐色」「小豆色」、日本には色々な「色」が溢れています。

それは日本人が古くから、四季の移ろいを空や植物、食べ物から感じ取り、自然と共に生きてきたことに由来します。

今ではあまり使われることがなくなってしまった色の呼び名。

その呼び名には色々な由来があります。

このブログでは、その色の由来についてご紹介していきます。

 

藤色(ふじいろ)

藤色 手拭い オリジナル 菊唐草

藤色(ふじいろ)とは、藤の花からきた色名で淡い青みのある紫色のことです。

平安時代より日本人女性に愛されてきた色で、『源氏物語』にも藤の名を持つ女性が3人登場します。

また、「藤色」は「藤」の字を持つ藤原家の隆盛と、その「藤」の旺盛な生命力や豊かな芳香にちなんで、高貴な色とされています。

藤色 藤の花

 

藤色の手拭い

藤色 手拭い オリジナル 菊唐草